From Sapporo
一部のジャンルを除いて、ありとあらゆる分野を取り上げます。尚、記事と関係のないコメント及びトラックバックをされた方は、ブラックリスト入りされ、今後一切投稿が出来なくなります。また、初コメントで挨拶のないコメントも削除させて戴きます。悪しからず………。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会計川柳
税務情報センターで、
会計川柳
応募しており、何作品投稿しても良いとのことなので、
試験勉強の合間を見てやってみた。

作品の著作権は、税務情報センターにあるとのことなので、
かつてどんな応募があり、どんな方が最優秀賞に輝いたのかは、
税務情報センターのHPに掲載されている
第二回最優秀作品を抜かして分かっていない。
(この川柳を見た瞬間は、世の中そんなことも起きるのか、という感覚だった)

私がこの川柳の応募に走ったのは、
他の川柳と比較すると、
応募者が若干減少するのではないか、と予測したからに過ぎない。
というのは、私は、将来作家になりたいという夢も持っているが
川柳に限らず、文学作品の特徴として、
難しい話題は、避けたいという傾向が見て取れるからだ。
(公募の場合は、論文が顕著である)

興味を抱かれた方は、応募されてみては如何でしょうか?

テーマ:小説・俳句・短歌・川柳 - ジャンル:小説・文学

北海道空襲
昭和20年7月14日から7月15日にかけて、
北海道空襲が行われていたのをご存知だろうか。
実は、私もつい先日まで知らなかった。

今回、この話題を記事にしたのは、
今朝の道内ニュースで、被害の大きかった釧路市で、
犠牲者を慰霊したというニュースが流れたからだ。

私は、空襲と言えば、東京大空襲と
7月10日に起きた堺大空襲しか知らなかったので、
北海道でもこのような大空襲が行われいたことに驚きを覚えた。

調べてみて分かったことだが、釧路市以外にも室蘭市などが
多大な被害を被ったらしい。

インターネット等で調べてみて分かったことだが、
北海道全土で行われたはずの空襲で、空白域がある。
それが当時の札幌市(当時、手稲や白石は札幌市に含まれていなかった)。

この理由は、過去記事と重複するが、
札幌が原爆投下の候補地となっていたからに他ならない。
しかも、終戦記念日となった8月15日に予定していたとか。
なお、著作権の問題もあるので、
詳細はWiki等を参考にして戴きたい。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

北海道南西沖地震から18年
今日、7月12日は
北海道南西沖地震が発生した日である。
この地震が発生した時刻は22時17分とのことだったが、
私がラジオのニュース速報で聞いたのは、その5,6分後だった。
この地震で一番悲惨だったのは、
津波注意報や津波警報がTVで発表される前に、
既に津波が統一していたことである。

NHKも含めた道内各局のニュースでは、東日本大地震が発生してから、
地震と津波と火災の恐ろしさを知らせるために、
敢えて『ニュース特集』として北海道南西沖地震発生時の映像を見せることがある。

東日本大震災の発生の時と比較すると、北海道南西沖地震の規模は小さいが、
それでも奥尻島の青苗地区は壊滅状態となり、
死者・行方不明者を合わせて、230名になった。

ニュース映像でよく流れるのは、
主に中学校修学旅行の生徒に震災の被害を教える男性ガイドである。
これは、どういうことかと言うと、
例年ならば、中学校の修学旅行では青森県や岩手県または秋田県に行くことが多いのだが、
今年は東北地方が東日本大震災の影響で大きな被害を受けたため、
やむを得ず、予定を変更したというものである。

改めて北海道南西沖地震で犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申しあげますと共に、
東日本大震災で犠牲に慣れた方々のご冥福をお祈り申しあげます。

テーマ:一般気象学 - ジャンル:学問・文化・芸術

基本情報技術者試験 特別試験受験
私は某資格学校に通っている。
と言っても、札幌校では情報処理技術者試験講座は、
VODのみの視聴となる。

そこで言われたこと。
基本情報技術者試験は、午前試験において、
基本情報技術者試験だけの過去問を解いていたのでは、合格しない

また、
午後の試験では、必須のアルゴリズム問題と、
言語または表計算の問題の配点が高いので、出来るだけ点を稼げ


前置きが長くなったが、本日はその試験日。
今回は午前、午後ともにどこかで見たような問題が多かった。
午前試験は、基本情報技術者試験の過去問から3割、その他の区分から4割の計7割が
過去問からの出題とも言われている。
一方、午後試験。
導入当初から非難囂々だった表計算がやたらと難しかった。
中小企業診断士試験の合格を目指しているにも関わらず、
マネジメント系を捨てざるを得なかった。

これは、マネジメントが『(経営などの)管理をすること』と略されることから、
中小企業診断士試験1次試験7科目のうち、
よほどの勉強をしないと『運営管理』が危ういことを暗示していることにほかならない。

また、ストラテジ系の問題は、中小企業診断士試験(1次試験)7科目のうち、
何故か『経済学・経済政策』で学習する項目が出題された。
この問題は私自身もそうだったが、面食らった人が多かったのではないだろうか。

IPAの試験は、平成21年春以降、区分を問わずして
得点調整を行っている模様なので、
特に午後問題では、どの問題が易しく、どの問題が難しいのかというところまで
見極めなければならない、という要素もある。
続きを読む

テーマ:情報処理技術者試験 - ジャンル:コンピュータ

東北弁

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「どこの方言が好き?」です!!実際私は関西弁なんですが、個人的に山口弁が好きです「ぶちおもしろいけぇ~」(訳:とっても面白いから~)っていう感じで聞いてて落ち着きます訳違ってたらすみません・・あと憧れるのは京都弁ですね!!お上品なイメージがあります・・・・皆さんはどうでしょうか??ここの方言が好き、苦手・・・または「こんな意味だったの!?...
FC2 トラックバックテーマ:「どこの方言が好き?」



地元北海道弁以外では、東北弁。
連続テレビ小説「おしん」を見てから山形弁の虜となり
(夏休み中に30回分だけ再放送された)
太宰治の本を読んでからは、津軽弁に興味を抱くようになった。
今でもそれは変わっていない。

関西弁は一部を抜かしてやや苦手である。
(「わや」や似たような表現で「わやくちゃ」などは、関西弁から派生したと言われている。)

私は札幌生まれの札幌育ち。
北海道弁は標準語に近いと言われているが、
「ゴミを投げる」、「(体が)こわい」、「(手袋を)はく」のように、
使用方法が標準語と違うものがあったり、
「コーヒー」や「幼稚園」のように
アクセントが微妙にずれているものもある。

アクセントの違いは、一部の市町村名に関しても言えることで、
例えば、富良野は決して平坦な発音ではない。

なお、北海道弁に着いての詳細は、
過去記事の『北海道弁講座』を参考にして戴きたい。

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

父の祥月命日に思うこと 2011
今日は、私の父の祥月命日である。
その父は生前、大学に勤務しており、
心理学を専攻していた。

心理学にも色々分野があるようで、音響心理学を担当していた。
最初は、札幌医大で、
その後は浅井学園大学(現、北翔大学)で生徒に対しても心理学を教えていた。

私は父が浅井学園大学に勤務していたときに、
カリキュラムを見せてもらったことがある。
何故か心理学という科目には、基礎編と応用編があって、
記憶に間違いがなければ、父は応用編を教えていた。

また、心理学では数値を扱うことから、
統計学とも密接な関係があるようで、
統計学も父の担当になっていた。

息子の私と父の仲は、はっきり言うと、最悪の状態に近かったが、
一方で、生徒との関係は良好だったようだ。
続きを読む

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体

FP2級試験、結果
5月22日に受験した、FP2級試験
学科合格、実技不合格(日本FP協会主催、資産設計提案業務)であった。
この試験は、学科試験が午前中に、実技試験が午後に行われる。
実は、FP3級試験の初受験の時も、学科試験合格、実技試験不合格となって、
3級試験の合格を要するまでに約10ヶ月かかった。

一番痛かったのが実技の問7と問14
答えが分かっているのに、慌てて間違えてしまった。
また、問3の正誤問題で全問不正解も点数に響いたし、
問20では、かつてビジネス実務法務検定3級試験で出題された問題だったのに、
うろ覚えのまま答えを書いてしまった。
改めて分かったことだが、大問にして4問ほど、ケアレスミスをやってしまった。
次回試験への反省材料である。

さて、次回も、資産設計提案業務で受験する場合は、
正誤問題を全部○か全部×にした方が、意外と点数が良さそうである。

ところで、これは、以前ちらっと書いたことがあるが、
私が、午前試験に強く、午後試験に弱いということを
露呈してしまったようなものである。

私が、このFP2級試験の合格を目指しているのは、
この試験内容の一部が、中小企業診断士試験(一次試験)と
被っているためである。
続きを読む

テーマ:ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル:ファイナンス

経済学検定試験2011
2011年の経済学検定試験は、7月3日及び、12月4日に行われる。
こちらは、中小企業診断士試験の『経済学・経済政策』や、
FP試験との関連が深いので、3年ぶりに受験する予定である。

前回、受験した時は、殆ど点数が取れなかった。

なお、経済学検定試験の内容は、
2008年11月7日編
2008年11月14日編
経済学検定試験の感想は、
コチラ
に掲載している。

この試験は、合否を決める試験ではないが、
受験するからには、A判定をもらいたいものだ。

ps.昨日UPの経営学検定試験、本日UPの経済学検定試験受験時は、
診断士受験日記として登場させます。

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

経営学検定試験 2011年編
経営学検定試験という、
殆どの人があまり聞き慣れない検定試験がある。
毎年、6月末(2011年は6月26日)と11月末(2011年は11月27日)に試験が行われているのだが、
販売士試験と比較すると、マイナーなこともあって、
あまり人気がないらしい。

ただ、私のように、
中小企業診断士試験の合格を目論む人は、
若干ではあるが、受験されている方もいらっしゃるようだ。

この検定試験の特徴は、経営学検定試験(中級)において、
中小企業診断士試験(1次試験………計7科目)の一部や
FP試験の疑似体験を出来ることにある。

実は、つい最近、書店には、
経営学検定試験の教科書とも言える本が計5冊棚に置かれ、
初級試験においては、第1回から第16回まで、
中級試験においては、第1回から第15回までの
過去問も販売されている。
ただ、過去問題集は値が張る。

まだ、2011年度に受験するか否かは決めていないが、
受験する際は、出来れば、初級、中級の併願で臨みたいと思っている。
しかも、この試験、初級と中級を併願すると、
受験料だけで1万1千円かかってしまう。

噂によると、初級試験、中級試験ともに合格率が50%を切るようなので、
受験すると決めた際には、覚悟して臨もうと思っている。
そして、この経営学検定試験が翌週行われる
経済学検定試験に繋がっていけば、いいとも思う。

テーマ:経営 - ジャンル:政治・経済

応用情報技術者試験
本日、応用情報技術者試験(情報処理技術者試験のレベル3に相当)及び、
高度情報処理技術者試験(情報処理技術者試験のレベル4に相当)を
受験された皆様、お疲れ様でした。

私は、基本情報技術者試験に合格したら、
応用情報技術者試験の勉強に入る予定である。
ただ、私の場合、
午前試験にめっぽう強くて、午後試験にめっぽう弱いという弱点があるため、
その弱点を克服すべく、取り組んでいるところである。

今回の応用情報技術者試験(午前試験)では、
基本情報技術者試験(平成17年度春期 問13)と
同じ問題が出題されたらしい。
だが、結構その問題に引っかかった方がいらっしゃるようだ。

某専門学校の講師によると、
ITパスポート試験(情報処理技術者試験のレベル1に相当)や
基本情報技術者試験(情報処理技術者試験のレベル2に相当)でも言えることだが、
レベル1のみやレベル2のみの過去問だけに固執してると、
合格できない、とのこと。

特に、午前試験では最低でも、
レベル1からレベル3までの過去問に万遍なく手を付けた方が良いらしい。
午後試験は、記述式なので、時間をかけた対策が必要となるようだ。

テーマ:情報処理技術者試験 - ジャンル:コンピュータ

コーチャンフォーvsジュンク堂書店
平成23年6月24日、
丸井今井旭川店の跡地に、
ジュンク堂書店
オープンした。

旭川には、平成22年9月13日に、
コーチャンフォー旭川店
オープンしているので、
ジュンク堂書店vsコーチャンフォー旭川店の構図が見えてくる。

旭川市の場合は、丸井今井と西武百貨店の時もそうだったが、
最終的な経営成績が札幌市と逆になりつつある。
となると、あくまでも予測だが、旭川市では、
コーチャンフォー旭川店より
ジュンク堂書店の方が
売上を伸ばすのではないだろうか。

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

嘉吉の乱
旧暦の1441年6月24日、
嘉吉の乱が始まった日である。

当時としては、前代未聞の事件である。

それほど、足利幕府6代将軍の足利義教と
事件を起こした赤松満祐とは、相当仲が悪かったではないか、と推測する。
ということは、この頃から赤松氏は、下克上を考えていたのだろうか。

ちなみに、この足利義教という将軍は、
これまた前代未聞のくじ引きで選ばれた将軍だとか。

日本史の授業を受けた当時は、
応仁の乱以降、室町幕府の衰退が始まったと言われていたし、
大河ドラマ『花の乱』でもそのような説明があったかと思うが、
実質的には、嘉吉の乱以降から
室町幕府の政治が衰えていったらしい。

この乱こそ、戦国時代へのプレリュードだったのかも知れない。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

沖縄慰霊の日
久々に歴史ネタを一つ。
沖縄県では、6月23日を
慰霊の日
定めている。

昭和20年に沖縄本土決戦において、
組織的な抵抗が集結したことが基になっているようだ。

私は日本史が好きなので、
沖縄本土決戦があったことは知っていた。
にも関わらず、あろうことか、沖縄本土決戦の終結日を知らなかった。

ちなみに、沖縄本土決戦と言えば、
必ずと言っていいほど登場するのが
ひめゆり学徒隊である。
それも集団自決である。
ちなみに、この事件は、昭和20年の6月19日に行われていたらしい。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

クローズアップ現代 感想
平成23年6月21日に放送された
『クローズアップ現代』の感想。

医療費ってそんなに無駄遣いされているのだろうか?
最初はそんな疑問があった。
だが、確かになるほど、と思う面もあった。
しかも、市vs医師の構図が出来つつあるとは知らなかった。
(著作権の問題があるので、詳細はHPを参考にして戴きたい)

実は、この日に放送された内容は、
医療、介護分野だけではなく、
FPの保険分野にも関係してくる。
平成23年10月1日までに、保険関係の何らかの法案が通れば、
平成24年1月試験及び、平成24年5月試験等で、
級を問わず、出題されることも考えられる。

とは言え、今現在、平成23年度税制改正大綱は、
骨子自体はまとまっているものの、
法案として通っていない。

内閣も不安定だし、震災対策もままならないので、
下手をすると平成23年度税制改正大綱
自体が無駄な法案になってしまうかも知れない。
そんな感想を持った。

テーマ:ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル:ファイナンス

JR北海道とHAC(北海道エアシステム)で不祥事(トラブル)相次ぐ
JR北海道に続いて、HAC(北海道エアシステム)でも不祥事が相次いでいる。
JR北海道では、国土交通省から『業務改善命令』が出されたが、
HACには、今のところ立ち入り検査しかされていない模様だが、
その検査結果によっては、HACにも安全面の配慮が欠けているという観点から、
『業務改善命令』が下る可能性がある。

JR北海道の方々は、
昭和47年に起きた『北陸トンネル列車火災事故』、
6年前に起きた『福知山線脱線事故』や『羽越線脱線事故』で
死者を出しているという事実を、
HAC(もともとはJAS…日本エアシステム航空会社の系列)では、
昭和60年に起きた『日航ジャンボ墜落事故』のことを
どのように捉えていたのだろうか。
(もし、昭和47年や昭和60年に生まれていなくても、話には聞いていると思うのだが)

両社とも、これらの事故を教訓にできなかった、
と言われても仕方がないであろう。
だが、自らが起こしてしまった事故を教訓として
安全配慮に努めて欲しい。
両社は、不祥事(トラブル)が相次いでいるが、
唯一の救いは、死者を出していないことにあるのだから。

テーマ:地域のニュース - ジャンル:ニュース



プロフィール

MTagri

Author:MTagri



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも一覧



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。