From Sapporo
一部のジャンルを除いて、ありとあらゆる分野を取り上げます。尚、記事と関係のないコメント及びトラックバックをされた方は、ブラックリスト入りされ、今後一切投稿が出来なくなります。また、初コメントで挨拶のないコメントも削除させて戴きます。悪しからず………。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続TV小説 「てっぱん」 感想
今までNHK東京制作、NHK大阪制作の連続テレビ小説を見てきた。
主人公自身が、お節介を焼くというのは、相変わらずだが、
こんなにも頑固な娘っていただろうか。
今まであまり見たことがないように思える。
しかも、よくある嫁と姑のバトルならば、さっさと飽きてしまうのに、
主人公と祖母のバトルは、何故だか見ていて飽きなかった。

ところで、今回のドラマでは、「お好み焼き」が何度も登場していた。
もともと「鉄板系コナモン」を食べる習慣の無かった北海道では、
今でも人気に火が付いているとは言えない状況だ。
(1967年に札幌静修学園高校の目の前に「風月」を出したが、
最初から学生以外にはあまり売れなかったらしい)
ちなみに、私がこのような食べ物があると知ったのは、
小学校6年生くらいの頃。
だが、後にお祭り(学校祭を含む)の露店でちょくちょく目にするようになるまでは
更に3~4年時間を要した。

こんな歴史的背景があるからか、
広島県や関西圏の方には悪いが、
特に私の場合(私の家族も同様であるが)、
「お好み焼きなどの鉄板系コナモン」は、「無くても気にならない」
(どちらかというとやや苦手)な方なので、
とっつきずらい部分もあったというのが正直な感想である。

テーマ:瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://blog93093.blog105.fc2.com/tb.php/691-9a008600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MTagri

Author:MTagri



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも一覧



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。