From Sapporo
一部のジャンルを除いて、ありとあらゆる分野を取り上げます。尚、記事と関係のないコメント及びトラックバックをされた方は、ブラックリスト入りされ、今後一切投稿が出来なくなります。また、初コメントで挨拶のないコメントも削除させて戴きます。悪しからず………。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タコ部屋労働 札幌編
前回は常紋トンネルについて記したが、
今回は札幌で行われたタコ部屋労働について考えてみたいと思う。
この点については、
さっぽろのタコ部屋-このままでは殺される
という本にも記載されている。

私が札幌でもタコ部屋労働があったことを知ったのは、
今年の3月頃。
その舞台となったのは、札幌の藻岩発電所と藻岩浄水場であった。
ここでも、犠牲になった日本人は主に本州から送り込まれてきた労働者だったが、
この地では、朝鮮人もかなり犠牲になった模様だった。

藻岩の件は1937年に終息したが、
タコ部屋労働は、戦後も続いた。
その場所は藻岩発電所から少し離れた真駒内。
真駒内で米軍基地建設をめぐって、過酷で残忍な労働を強いていたらしい。
これが世に言う真駒内事件
発端となった。

ちなみに、藻岩のタコ部屋労働については、
1992年に『今も聞こえる藻岩の叫び』
と題して上演されたことがあるようだ。

また、GHQは真駒内事件の発端後、タコ部屋労働を禁止したが、
私が今年の3月頃に他の方に聞いた話によると、
今も目に見えないだけで、
知らないところで「タコ部屋労働」らしきものが続いているのではないか、とのこと。

私にとって、今年は色々と恐ろしいことを知る年だったのかも知れない。

テーマ:労働問題 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://blog93093.blog105.fc2.com/tb.php/658-5850d767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MTagri

Author:MTagri



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも一覧



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。