From Sapporo
一部のジャンルを除いて、ありとあらゆる分野を取り上げます。尚、記事と関係のないコメント及びトラックバックをされた方は、ブラックリスト入りされ、今後一切投稿が出来なくなります。また、初コメントで挨拶のないコメントも削除させて戴きます。悪しからず………。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOSAKOIソーラン祭り及び北海道神宮例大祭総括
2010年6月13日には、YOSAKOIソーラン祭りが、
2010年6月16日には、北海道神宮例大祭が閉幕した。
札幌で開催される次のお祭りは、さっぽろ夏まつりとなる。

YOSAKOIソーラン祭りで今回昨年の準大賞から一気にブロック3位に降格した、
VOGUE38や、
大賞を取ったチームと同一のブロックに入った
旭川北の大地
ある意味不運だったとしか言い様がないだろう。
特に、VOGUE38のブロックには、
このところファイナルステージへの進出はないものの
かつて一度だけYOSAKOIソーラン大賞を受賞した
三石なるこ会も入っていたので
やむを得なかったと思われる。
(審査結果が良ければ、それでもブロック2位には入る強豪である)

私が最初にブロック分けを見た時は、強豪同士がうまいこと分散されたように
思ったが、そうでもなかったようだ。
個人的な感想を言えば、一般審査員を補充しても、
北海道大学 縁にだけは審査が甘いような気がした。
確かに迫力はあるのだが、踊り自体、あまり変わり映えがしないのである。


また、私が応援に熱が入る江別まっことえぇ&北海道情報大学は、
江別市と土佐市が友好都市であり、
土佐市から「まっことえぇ」の名前を頂戴したらしい。
実はこの説明、2009年のYOSAKOIソーラン祭りまでは一切無かった。
もしかすると、今年の大河ドラマにあやかったのかも知れない。

ついでといっては何だが、2強と言われる、
平岸天神
新琴似天舞龍神のうち、
平岸天神は、
2005年のYOSAKOIソーラン祭りで、過去最多の大賞を受賞しながら、
一度だけYOSAKOIソーラン祭りのファイナルステージ進出を逃した経験がある。
その翌年以降、この経験が生きているような気がするのは私だけだろうか。
だから個人的なことを言えば、この2強だけをを比較した場合、
平岸天神の方が好きである。

今回のYOSAKOIソーラン祭りを総括すると、道外勢の健闘がが目立った。
詳細はYOSAKOIソーラン祭りのHPを参考にして戴きたい。
続いて、北海道神宮例大祭。
2010年に限っては、行事らしき行事を見学することが出来なかった。
だが、その一方で北海道神宮に再び参拝できたので、その点はプラスである。
(毎年、北海道神宮例大祭の期間中は、神宮に参拝できるようになっており、
御守りや絵馬なども販売される)

私は、久々にその絵馬に、合格祈願をしてきた。
今回は、他の方が書かれた絵馬を見てしまったのだが、
今の社会情勢を反映しているものが多かった。

ちなみに、
2010年のみこし渡御には、海外から初めて団体としてボストンの学生が参加したらしい。
(毎年、経路が変更される)
2007年にみこし渡御を見学した時は、
ロシア人やアメリカン人でかつ、日本で就労している方が
みこし渡御に参加していた。
その中には留学生らしき人も含まれていた。
どうやら北海道神宮例大祭も年々進化しているようである。

前回のブログでも記したが、
北海道神宮例大祭は、どうもYOSAKOIソーラン祭りと比較すると、
影が薄くなってしまった気がする。

札幌で6月に行われる2大イベントを
公平に見る方法がないものだろうか。
これが総括としての感想である。

テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://blog93093.blog105.fc2.com/tb.php/611-6aa97617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:MTagri



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも一覧



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。