From Sapporo
一部のジャンルを除いて、ありとあらゆる分野を取り上げます。尚、記事と関係のないコメント及びトラックバックをされた方は、ブラックリスト入りされ、今後一切投稿が出来なくなります。また、初コメントで挨拶のないコメントも削除させて戴きます。悪しからず………。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス実務法務検定2級、3級試験受験の皆様へ 第3弾
次回、受験なさる方はご存知かとは思いますが、
改めて、問題の形式と配点を見てみることにしましょう。

ビジネス実務法務検定3級試験
正誤問題 30点(各1点)
空欄補充 40点(各1点)
事例問題 30点(各2点)

ビジネス実務法務検定2級試験
事例形式 前半20問各3点、後半20問各2点

第23回試験以降、3級試験においても1問程度、組み合わせ問題が出題されるようになっております。
2級試験は毎回のように出題されているのは、既にご存知ですね。
実は、この組み合わせ問題、2級試験になりますと、引っかけ問題はあるものの、
選択肢を全部読まなくても答えを導き出せる問題が何問か出題されます。
そして、その答えは意外にも公式テキストに書いてある記述そのままだった、
ということもあり得ます。
私が知る限り、3級試験の空欄補充と、
2級試験でJAS法などの食品表示法や食品衛生法などの問題が出題された時に、
この傾向が強いですね。

また、2級試験は3点問題に長文形式の問題が出題されるため、
3点問題が難しくて、2点問題が易しいのではないかという見方があるようですが、
これは逆です。
現に第26回試験では、2点問題に引っかけ問題と計算問題を織り込んでいましたし、
よくよく考えれば、3点問題は60点取れてもおかしくない試験でした。

テーマ:診断士受験日記 - ジャンル:学校・教育


トラックバック
トラックバック URL
http://blog93093.blog105.fc2.com/tb.php/603-35602e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:MTagri



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも一覧



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。