From Sapporo
一部のジャンルを除いて、ありとあらゆる分野を取り上げます。尚、記事と関係のないコメント及びトラックバックをされた方は、ブラックリスト入りされ、今後一切投稿が出来なくなります。また、初コメントで挨拶のないコメントも削除させて戴きます。悪しからず………。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊平川花火大会
UHBと道新が手を組んで、今年も
豊平川花火大会
催された。

かつては、
北海道新聞・ UHB
読売新聞
朝日新聞・HTBが主催し、
しかも3週連続で、主に金曜日に花火大会が行われていた。
ただ、何週目にどの新聞社が主催していたのかは、
全く記憶にない。

花火師の後継者が少なくなり、後を継ぐ者がいなくなりつつある、
新聞自体の売れ行きが伸び悩み、新聞社の経営も悪化しつつある、
などの事情から、
現在は7月最終週の金曜日にしか行われていない。
淋しい気持ちがないわけでないが、
それでも札幌の夏の風物詩とも言える「花火大会」自体が
全て消えなくて良かったとも思っている。
スポンサーサイト

テーマ:お祭り&行事 - ジャンル:地域情報

創成川公園オープン
本日、創成川公園がオープンした。
札幌には創成川アンダーパスがあるのだが
まずはそのアンダーパスを整備し、
更に、創成川通りに公園も着工したという次第である。

かつて、札幌大通公園から地下鉄東西線のバスセンター前まで車で通行しようとすると、
創成川で一度左折し、次の信号で右折してから、また次の信号で左折を繰り返さなければならなかった。
つまり、創成川で一旦、行き止まりになっていた。
また、歩行者は歩道橋を渡って、バスセンター側へ移動しなければならなかった。

その分断された車道も整備され、
公園も設置された。
暫くは試験勉強を優先する形になるが、
機会があれば見に行きたいと思う。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

岩見沢市の食中毒事件に思う
一昨日のことになるが、岩見沢市内で起きた食中毒事件で、
どの給食メニューが、サルモネラ菌を繁殖させたのかが、判明した。

サルモネラ菌が発生していたという事実から、
多くの専門家は
「大根のそぼろ煮」ではないかと疑っていたようだが、
海藻サラダであった。

また、サルモネラ菌は、63℃以上で滅するが、
調理場では、あろうことか、鍋を52℃で洗っていたという。

このニュースは、集団食中毒が起きた、小学校、中学校も再開されたことから、
一件落着に向かっているが、
暫くの間、給食は見合わせることになるらしい。

そのため、午後の授業がある時は、暫くの間、弁当になるとか。
私は給食で食中毒にあったことはないが、
約1,500人もの食中毒患者を出したという事実を
この調理場の職員は、しっかりと認識しなければならないと思う。

また、あまりにもずさんな管理をしていたことも判明した。
一刻も早く岩見沢の小中学生が元のように、明るく暮らせる日が来るのを、
待ち望んでいる。

テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育

タコ部屋労働 札幌編
前回は常紋トンネルについて記したが、
今回は札幌で行われたタコ部屋労働について考えてみたいと思う。
この点については、
さっぽろのタコ部屋-このままでは殺される
という本にも記載されている。

私が札幌でもタコ部屋労働があったことを知ったのは、
今年の3月頃。
その舞台となったのは、札幌の藻岩発電所と藻岩浄水場であった。
ここでも、犠牲になった日本人は主に本州から送り込まれてきた労働者だったが、
この地では、朝鮮人もかなり犠牲になった模様だった。

藻岩の件は1937年に終息したが、
タコ部屋労働は、戦後も続いた。
その場所は藻岩発電所から少し離れた真駒内。
真駒内で米軍基地建設をめぐって、過酷で残忍な労働を強いていたらしい。
これが世に言う真駒内事件
発端となった。

ちなみに、藻岩のタコ部屋労働については、
1992年に『今も聞こえる藻岩の叫び』
と題して上演されたことがあるようだ。

また、GHQは真駒内事件の発端後、タコ部屋労働を禁止したが、
私が今年の3月頃に他の方に聞いた話によると、
今も目に見えないだけで、
知らないところで「タコ部屋労働」らしきものが続いているのではないか、とのこと。

私にとって、今年は色々と恐ろしいことを知る年だったのかも知れない。

テーマ:労働問題 - ジャンル:地域情報

幌内鉄道開業130周年
日本で新橋-横浜間の鉄道が開業してから8年後の
明治13年11月28日。
北海道は初となる手宮-札幌間の鉄道(幌内鉄道)が開通した。

その手宮駅自体は、昭和60年に廃駅となったが、
現在は、小樽市総合博物館の施設となっており、
特急「北海」や、急行「ちとせ」で使用された車両を見ることができる。

今年は北海道で鉄道が開業してから130周年にあたり、
小樽で開業130周年を祝うイベントが行われた。
実際に、幌内まで開通したのは明治16年9月17日だから、
更に3年の月日を費やしたことになる。

この路線は、後に幌内線と呼ばれ、
今の三笠から幾春別へも延伸した。
だが、その幌内線も昭和61年には廃止されてしまった。

ちなみに、私は幌内線のサヨナラ列車にも乗車している。
そのサヨナラ列車は、幾春別だけでなく、三笠と幌内の間も往復した。
続きを読む

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース

古本屋の事故から1年
古本屋で本棚が倒れて2人の姉妹が被害を受けてから
1年が経った

本棚が急に倒れてきてその下敷きになり、
姉は意識を回復したが、
妹は1年間意識不明のまま1年間も眠り続けているそうだ。

その事故を起こした古本屋の店長は、
当時は、自分の考えが正しかったと思っていたが、
現在は、自分の考えが甘かったことを猛省し、
何故あのような事故を起こしてしまったのか
自問自答しているらしい。

どんな事故でもそうだが、このような事故が起きると、
責任は必ず、トップの方に行く。

被害者となった家族の1日も早い回復を祈りたい。

テーマ:経営 - ジャンル:政治・経済

『鶴瓶の家族に乾杯』にて余市町及び仁木町が登場
今週、先週と2週間にわたって放送された、
鶴瓶の家族に乾杯
訪問先は余市町及び仁木町である。
実は、この余市町。
北海道内に限ってみれば、交通の便は良い方である。

特に、TVに登場した
ニッカウヰスキー工場は、
JR余市駅からも、
あまり時間がかからないところにある。
(地図を見ると、駅から徒歩5分と記されていることが多い)
TVでは紹介されていない余市ワイン工場や、
11日の放送で登場した果樹園などは、交通の便が不便である。
(誰かの紹介か、送迎を頼めるところは頼んだ方が無難である)

しかし、その果樹園で生産されている商品は、時間帯と品数にもよるが、
余市町観光センターエルプラザ
で購入することが可能である。

道内では何故か、さくらんぼ狩りにしても、ぶどう狩りにしても、
余市町に隣接している仁木町の方が有名になっている。
そのためか、余市町でリンゴを始めとした果物が生産されていることに
気付きにくくなっていることが多いような気がするのは
私だけだろうか。

ついでに、余市ワイン工場が交通の便が悪いことも相まってか、
隣接する小樽市の
小樽バイン
に人が流れているらしい。
続きを読む

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

札幌東宝公楽 閉館
2010年8月31日をもって、
札幌東宝公楽が閉館。
時代の流れで、閉館することになったらしい。

私がこの札幌東宝公楽で上映された映画で、
思い出に残っているのは以下3作品。
ビルマの竪琴
中学時代に両親と見たから、約20年前になる。
今は、ビルマという国すらミャンマーという国に替わってしまった。

次は、高校時代。
こちらは、高校の芸術鑑賞。
その時の鑑賞映画は、敦煌
後で分かったことだが、公開前の特別鑑賞だった。

最後に行ったのは、3年前だったろうか?
その映画は、眉山

ちなみに、この劇場では映画鑑賞が終わったお客さんに、
エレベーターではなく、階段で出口に誘導するのが有名だった。
続きを読む

テーマ:経営 - ジャンル:政治・経済

キャベツ天丼
2010年8月5日に放送された
南幌温泉 ハート&ハート『味心』さんのキャベツ天丼

いつかは紹介されるだろうと思っていたが、
個人的な感想を言えば、これだけは「知る人ぞ知る天丼」で
残して欲しかった。

なぜなら、南幌町は静かな町なので、
観光客が押し寄せると、かつての知床や富良野の麓郷と
似たようなことが起きかねないからである。
TVの魔力はもの凄いので、
近隣の農家に支障がないことを祈るばかりである。

実は、私自身、修士論文で南幌町の事例調査を行ったことがあり、
その足で「キャベツ天丼」を食べたことはある。
だが、私の場合はあれだけのボリュームがあったため、
完食はできたものの、夕飯はほとんど摂らなかった。
(当時、メガ天丼というメニューはなかった)
また、今回は天丼の話ということで、
それ以外の人気メニューは紹介されていなかったが、

ここのレストランには、
キムチラーメンもあり、
こちらもこれでもか、という量のキャベツキムチがラーメンの上に載っかっている。
続きを読む

テーマ:秘密のケンミンSHOW - ジャンル:テレビ・ラジオ

支庁再編スタート 後志編
今日は、後志編について。
こちらは、後志支庁から、
後志総合振興局へと
名称変更となった。

このブログを何度かお読みの方はお分かりと思うが、
実は、この庁舎、
小樽市ではなく、倶知安町にある。
1910年に
小樽支庁、岩内支庁、寿都支庁、室蘭支庁(虻田郡真狩村、狩太村)を
統合した時、何故当時の倶知安村に支庁を置いたのか、
道民の私でもよく分かっていない。

著作権に触れるといけないので、
詳細は、
後志総合振興局
をご覧になって戴けると有り難い。

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

支庁再編スタート 空知編
今回は前回の続きで空知編。
空知支庁は、
空知総合振興局へと
名称を変え、
幌加内町が、
管轄から切り離された(上川総合振興局に移管)

北海道に何度かいらっしゃった方なら、お分かりのことと思うが、
天気予報(主に注意報・警報)などで「空知」という言葉は耳にしたことがあると思う。
だが、道民であっても、この「空知」を
北空知、中空知、南空知などと分類すると、
どのくらいの人が分かっているのか定かではない。

なお、著作権に触れるといけないので、
詳細は、
空知総合振興局
を参考にして戴きたい。

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

支庁再編スタート 石狩編
今日から、高橋知事が支庁改革の目玉としていた
支庁再編がスタートした。
かつてのブログにも記したのだが、
14支庁のうち、9支庁を総合振興局
残りの5支庁を振興局に分散したという格好だ。
ニュースによると、総合振興局と振興局の職務は、支庁時代と殆ど変わっていない。

今回は石狩編。
2010年3月31日まで
石狩支庁だった
北海道庁の出先機関は、
石狩振興局へと
変更された。

詳しくは、
石狩振興局
のHPに記されている。

実は、この石狩振興局(旧石狩支庁庁舎)は、
信号を挟んで道庁の隣にあることから、
道庁別館とも呼ばれている。
そのため、石狩振興局(旧石狩支庁庁舎)は、札幌にありながら、
影の薄い存在であることが多い。

現に、札幌市民に石狩と言ったら、旧石狩支庁よりも、
隣の石狩市を思い出す方が多いのではないだろうか。
続きを読む

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

小樽雪あかりの路
2週間前に閉幕した
小樽雪あかりの路
の画像を、以下に掲載した。

コチラ

画像記事にも書いた通り、
来年以降、見学される方は、
運河会場よりも手宮線会場をお薦めしたい。
また、運河会場では「ガラスの浮き玉」がメインイベントの一つだが、
私にはこの撮影が難しく感じた。

なお今年は、「さっぽろ雪まつり」には、見学にすら訪れていないので、
その画像はない。
絵葉書だけで済ましている。
(2月14日に試験を受験して合格したいと思ったから行かなかったという事情もある。)

「さっぽろ雪まつり」は、地元で何度も見ているので
「たまには、別のお祭りを見学に」、と思ったのも、
私にとっては、動かしようのない事実である。

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

トラックバックテーマ 第906回「図書館は利用しますか?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「図書館は利用しますか?」です。図書館はとても便利ですね!無料で、読みたい本を借りて読むことができます。それも膨大な量の蔵書から選ぶことができますし!でも人気のある本は、予約が入っていてそれを待つためにすぐに読めなかったり、返却日があるし、自分...
トラックバックテーマ 第906回「図書館は利用しますか?」



どちらかと言えば利用する方。
しかも、私は平成22年1月から平成24年1月まで、
『札幌市図書館協議委員』(公募委員)(仕事は会議の出席のみ)に委嘱されている身なので。


テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

第897回「寒~いときに食べたい、飲みたいもの」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「寒~いときに食べたい、飲みたいもの」です。相変わらず寒い日が続きますね。今日は、加瀬さんが「豚汁食べたい……」とおもむろにつぶやき出しました。果たして加瀬さんは豚汁にありつくことができるのでしょうか私は寒い日にはホットレモンの飲み物が飲みたくなります。この冬はゆず茶にもハマって結構飲みました雪も降ったり積もったりですが...
FC2 トラックバックテーマ:「寒~いときに食べたい、飲みたいもの」



石狩鍋に尽きます。

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ



プロフィール

Author:MTagri



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも一覧



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。