From Sapporo
一部のジャンルを除いて、ありとあらゆる分野を取り上げます。尚、記事と関係のないコメント及びトラックバックをされた方は、ブラックリスト入りされ、今後一切投稿が出来なくなります。また、初コメントで挨拶のないコメントも削除させて戴きます。悪しからず………。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKみんなのうた
今年は、NHKみんなのうたの放送が開始されてから、
50周年にあたるようで、NHK総合テレビジョン、元教育テレビ、
BS放送を問わず、記念番組が相次いでいる。
2011年7月には、『クローズアップ現代』でも取り上げられた。

このNHK『みんなのうた』、
大概の人は小学校高学年くらいから聞かなくなり、
大人になって、再び聞いたりすることになる。
現に、世代を問わず、
自分たちが中学・高校時代に流れていた曲というのは、
殆どの方が覚えていらっしゃらないのではないだろうか。

好きな曲は過去記事に記してあるので、
その点については、省略する。
ちなみに、
小学校時代に一番インパクトがあった曲は、「コンピュータおばあちゃん」
大人になってから聞いた「NHKみんなのうた」で、
一番衝撃を受けたのが、
料理記念日(1994年12月~1995年1月)
という曲である。
実はこの「料理記念日」という曲、
かつて、NHKFMで放送された特別番組で取り上げられたことがある。
人によって、歌詞の解釈が違うので、色々な意見が飛び出そうだが、
私自身は、「料理下手に勇気を与える曲」と解釈している。
ただ、一番最初にこの歌を聞いた時は、
「ソレハナイッショ」と思ったのも事実である。
スポンサーサイト

テーマ:みんなのうた - ジャンル:音楽

校歌に賛否両論?
愛知県の至学館高校の校歌が話題になっている模様だ。
しかも、この校歌を巡って賛否両論が飛び交っている。
(どちらかと言えば、やや批判的な意見が上回っている)

賛否両論うち、賛成派は、現代風の歌詞と曲調が気に入っているようだが、
反対派は、「校歌とはこうあるべきだ」という固定観念を持ち合わせているように見える。
しかも、現代風の歌詞には違和感を覚えるらしい。

両者の言わんとすることは理解できる。
ただ、反対派の論者には一度聞いてみたい。
もし、至学館高校の校歌に違和感を覚えるのなら、
済美高校の校歌や、
大黒摩季さんが依頼されて作詞・作曲した
北海道の中高一貫教育校である「登別明日中学校・高等学校」の校歌については
どう評価されるのか?と………。

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

思い出のアルバム 再び
まずは、関連記事として
コチラ
をご覧下さい。

大震災の影響で、4月2日にずれ込んだ卒園式。
その様子がNHKのニュースで紹介された。
その卒園式で歌われていたのが「思い出のアルバム」であった。

私が幼稚園生の頃にこの曲は無かった。
だが、久々に聞いて懐かしく思った。


テーマ:みんなのうた - ジャンル:音楽

北海道米LOVEのうた 2011年版
当ブログをお読みの皆様、
ブログ拍手を1000も入れて下さって有難うございました。
その中で、最多の拍手数を占めたのが、
こちらの記事
です。

本日の記事はその続編。
誰かが、著作権違反に繋がる行為をしなければ、しばしの間、
某サイトで『北海道米LOVEのうた』(フルヴァージョン)
を聞くことが出来る。

私にとってはすっかりお馴染みとなってしまったこの曲。
とにかく耳に残る曲なので、少なくとも道内在住者は
この曲をすっかり覚えてしまっているのではないだろうか。
ちなみに、私はいつの間にか歌えるまでになっていた………。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

さっぽろホワイトイルミネーション
さっぽろで開催されている
第30回さっぽろホワイトイルミネーション
見るからに幻想的な風景を作り出し、
非常に綺麗に見える。

もし、記憶に間違いがなければ、
ホワイトイルミネーションが開催された頃は、
クリスマスの頃までしか行っていなかったような気がする。

だが、このさっぽろホワイトイルミネーションには、
とんでもないジンクスがあることをご存知だろうか。
私がそれを聞いたのは、
小学校高学年か、中学の初め頃。
狭い教室の中で、まことしやかに囁かれていたのだから、
奇妙と言えば奇妙であった。
続きを読む

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2010年8月、9月放送のみんなのうた
きみのきもち
1番の歌詞を聞いて、最初は「エーッ!!?」って思ったが、
今はこの歌詞が心地よい。

シアワセのヨッチョレヨ
この曲は、ひょっとするとどこかのチームが、
札幌の『YOSAKOIソーラン祭り』でも利用しそうな雰囲気がある。

大塚愛さんが作詞・作曲した
I ♥ ×××(アイ・ラヴ)は、
あまりコメントをしない方が安全である。
その理由は、チグエソを聞けば分かるので。

再放送曲から
WAになっておどろう
長野五輪の時にもかかっていたので、この曲だけは知っている方が多いのではなかろうか?

日傘の詩
この曲は今回の再放送で初めて耳にしたような???
続きを読む

テーマ:みんなのうた - ジャンル:音楽

みんなのうた 感想
今回の6,7月の曲はいい曲が勢揃いしていた。

えがおの花
誰が歌っているのかと思いきや、
来年の大河ドラマで主役を担う方だった。

ビオラは歌う
一番最初にこの歌を聞いたとき、何か懐かしい感覚がした。
いつか再放送を期待したい曲である。
でも、まさかあの方がこの歌を歌っているとは思わなかった。

僕らのヒーロー
歌手と歌詞の一部を掛けたのだろうか?
という疑問符は付くが
誰でも歌いやすい曲なのではないだろうか?
私自身もいつの間にか口ずさんでいた。

風のブランコ
この曲も歌いやすい曲であった。
歌手名は最初誰のことを指しているのか分からなかったが、
HPを見て解決した。
続きを読む

テーマ:みんなのうた - ジャンル:音楽

パパとあるこう
2010年6月18日。
珍しく帰宅が早くなったので、
お元気ですか 日本列島
見たい 聞きたい 金曜日のコーナーを久々に見た。

この日はみんなのうたリクエストがあり、
そこで流れていた曲は、
パパとあるこう
だった。
2010年6月20日が父の日だったことから、この番組の視聴者がリクエストをしたらしい。

1980年(昭和55年)に放送されたらしいが、
私にはなぜかその時のこの曲を聴いた記憶がない。
では、どこで知ったのかというと、
それは、2007年の12月31日に放送された
今日は一日“みんなのうた”三昧だった。
NHKFM放送で9:20分から18:50分までの長丁場の放送で、
17:00から18:50分まではNHKの教育テレビでも放送された。
(この時間帯はNHKFMとNHKの教育テレビで全く同じ曲を十数曲放送していた。)

この曲は、あの石原裕次郎氏が歌っている。
そして、1番、2番とも途中から、
子どもさんらしき笑い声と、歌声が入ってくる。
この子どもさんは一体誰なのだろう、と疑問があるので、
しらみつぶし的に(笑)、調べてはいるのだが、
未だにその疑問が解決していない。

また、この曲に出てきた街は、1980年頃の兵庫県の芦屋市だったことも判明した。
(芦屋市は後に連続テレビ小説「ふたりっ子」の舞台にもなる)
パパとあるこうに出てくる背景が
神奈川県とも似ているので、てっきり神奈川県かと思っていたのだが、
違ったらしい。
続きを読む

テーマ:みんなのうた - ジャンル:音楽

およげたいやきくん
私のブログにコメントを下さる
まりたまさんのブログ記事
を見て、懐かしい曲を思い出した。

最初にリリースされたのが、1975年(昭和50年)というから、
もう35年の月日が流れていることになる。

私は幼稚園の年長の頃から、この曲を聴いていた記憶がある。
その曲が今は、某ビール会社のCMで
木梨憲武さんが、替え歌として歌っている。
さて、替え歌の結末は???

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

北海道限定?北海道米ラブ CMソング
最近気になる曲に、
北海道米ラブの歌がある。

北海道米ラブと言うだけあって、
北海道限定のCMの可能性が高いと私自身は踏んでいる。

実は、この曲は以前から道内で流れていたのだが、
はっきりとした歌詞が分からなかった。
著作権問題に発展するといけないので、歌詞は掲載しないが、
気になった方は、調べて戴けると有り難い。

他の方によると、このCMソングが書かれているポスターが、地下鉄車内のドアに貼られているらしい。
私は北海道米ラブ自体のポスターは幾つかの地下鉄駅で見たことがあるのだが、
CMソングが書かれているポスターはまだ見ていない。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽



プロフィール

Author:MTagri



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも一覧



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。