From Sapporo
一部のジャンルを除いて、ありとあらゆる分野を取り上げます。尚、記事と関係のないコメント及びトラックバックをされた方は、ブラックリスト入りされ、今後一切投稿が出来なくなります。また、初コメントで挨拶のないコメントも削除させて戴きます。悪しからず………。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めまして、今まで有難うございました。
改めまして、今までコメントをいただいた皆様、
拍手をいただいた皆様有難うございました。(現在1,132拍手)
ブログ削除の時期は、早くても今月末、
遅ければ年末となる予定です。

尚、こちらの記事の一部で、
著作権問題が発生していないものは、
新しいブログにも掲載の予定です。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ブログを引越しました
突然ですが、ブログを引っ越し致しました。
相互リンクをして下さっている皆様には、
お手数をおかけ致しますが、
コチラ
への変更をお願い致します。
(相互リンクを外される方は、その旨をご連絡戴ければ幸いです。)

以前、画像と文字でブログを分けていたのですが、
統合するというのが、最大の理由です。

従いまして、このブログは、
期日は未定ですが、
近々、閉鎖させて戴きます。

今までコメントを下さった皆様、
拍手を入れて下さった皆様、有難うございました。
引き続きまして、新ブログでのご愛顧をお願い申しあげます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このブログをお読みの皆様へ
記事ブログと画像ブログとを分類していましたが、
近々、統合致します。
そのため、ブロとも申請を見合わせます。
なお詳細は、後日、ご連絡します。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

父の祥月命日に思うこと 2011
今日は、私の父の祥月命日である。
その父は生前、大学に勤務しており、
心理学を専攻していた。

心理学にも色々分野があるようで、音響心理学を担当していた。
最初は、札幌医大で、
その後は浅井学園大学(現、北翔大学)で生徒に対しても心理学を教えていた。

私は父が浅井学園大学に勤務していたときに、
カリキュラムを見せてもらったことがある。
何故か心理学という科目には、基礎編と応用編があって、
記憶に間違いがなければ、父は応用編を教えていた。

また、心理学では数値を扱うことから、
統計学とも密接な関係があるようで、
統計学も父の担当になっていた。

息子の私と父の仲は、はっきり言うと、最悪の状態に近かったが、
一方で、生徒との関係は良好だったようだ。
続きを読む

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体

誰が、どうやって、何の目的で?
一昨日、発覚した京都大学の入試問題流出。
携帯電話の画面に、入試問題が掲載され、
解答も送られてきたという。
(その問題と解答は、
“YAHOO!知恵袋”
に投稿された)

大学受験に限ったことではないが、
試験が行われる会場では、携帯電話を携帯していても、
「携帯電話の音を消してカバンの中にしまって下さい」
という試験監督からの指示があるので、
滅多に不正は出来ないはずだ。

今までも、教師が問題を持ち帰ったり、
予備校等の知り合いに教えたことによって、
大学入試問題や、司法試験等の問題が流出したというケースはあったが、
今回のようなケースは、あまり聞いたことがない。

一体、誰がどうやって何の目的で、このようなことを行ったのだろうか。
疑問は尽きない。

ちなみに、私は、2011年2月26日の午後7時のニュースで、
このことを聞いて、唖然とした一人である。

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

母方の祖母の祥月命日に思うこと 2010年版
このブログをお読みの皆様、
今年も、コメントや拍手を戴きまして有難うございました。
来年もよろしくお願い致します。

さて、12月31日の記事は
2008年版
2009年版
に続く第3弾です。

過去記事やタイトルにも記したとおり、今日は母方の祖母の祥月命日である。
母方の祖母は、母方の祖父と死別したのを契機に、
夏は洞爺村、冬は神奈川県の辻堂に住んでおり、
訃報の連絡が入ったときは辻堂の伯母の家にいた。
私は、当時、東京の狛江で大学院生活を送っており、
その年は、札幌に帰省することができないお正月であった。
そして、訃報を聞いたのは。札幌にいた父からだった・
あまりにも突然のことだったため、あれから12年もの歳月が流れているのに、
未だに信じられなかったりする。

そんな母方の祖母について、思い出すことはというと、
『起床時間が早かった』
という一言に尽きてしまう。
私達孫が、母方の実家に宿泊すると、
早ければ午前4時30くらいには起きて、
孫達のために料理を作っていた。
大概は、カレーライスであったが、
美味しく戴いていた。

私自身も祖母が生きていた頃から、起床時間はかなり早かったので、
母方の祖母が料理を作っていたのを、見たことがある。
(当時は、食器を下げることくらいしか、手伝っていなかった)

今日は、何事もないことを祈りつつ、
母方の祖母を偲ぶ日にしたい。
何故なら、大晦日の突然の訃報は、あまりにもショックが大きいからである。
続きを読む

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

私の父の祥月命日に思うこと 2010年編
父が他界してから、4年目を迎えた。
にも関わらず、私自身は未だに安定した生活を送ることが出来ていない。

一人残された母のことを考えると、早く安定したところを
母に見せたいのだが、どうも私は気持ちばかりが空回りしてしまうらしい。

実は、私だけ父の3回忌及び父方の祖母の13回忌を終えてから
お墓参りには2年と1カ月ほど行っていなかった。
(父方のお墓は、私が住んでいるのが札幌で、お墓が函館にある)
そこで、父の祥月命日が平成18年6月30日であることから、
祥月命日の前にお墓参りをしてきた、というわけだ。
だから、どんなに良くてもお墓参りが出来る回数は、限られてしまう。
父が他界してから、今まで一番多い年でも年に3回しか行ったことがない。
(その3回とは、春分の日、お盆、秋分の日で、
函館のお盆は通常のお盆より、1カ月早く行われる)
続きを読む

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:ライフ

トラックバックテーマ 第976回「緊急事態!・・・どう対処する?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「緊急事態!・・・どう対処する?」です。みなさん、緊急事態に遭遇したらどのように対処されますでしょうか?水谷は先日、車のバッテリーが上がってしまって移動先の場所にて、立ち往生してしまいました。人生初のバッテリー上がり体験だったのでどうしようもなかったのですが何とか...
トラックバックテーマ 第976回「緊急事態!・・・どう対処する?」



①お祭りなどで事件・事故が起きた場合
私の場合、いったんその場を立ち去ってから対処します。
一見すると、ケチのように見えますが、
かつてYOSAKOIソーラン祭りで爆破事件が起きたことがありますので、
却って近寄らないようにすることも大切かなと思っております。

②気象災害の場合
家にいる時は、家族で対処を取るように努力します。
外にいる場合は、出来るだけ早く家路に着くようにするといったところでしょうか?

③新規企業の参入が明らかになった場合
誰かが反対していたり、撤退を求めている(専門用語で言うと参入障壁です)場合は、
出来る限り、その会社の売上に貢献しないようにします。
一方、反対論がない企業に対しては、暫く様子を見ます。

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

第971回「あなたの住んでいる場所の方言で日記を書いて下さい!」 会話編
文章編に続いて会話編も公開。
①親同士の会話
「お宅の子、めんこい子だね」
「有難うございます。したけど、家ではきかない子なんです」
「みったくないってかい、そんなことないっしょ」

②親同士、または友人同士の会話 お土産編
「これ、お土産」
「有難う」
「なんもさ」

③友人同士の会話 学校編
「テストの結果、どうだった?」
「わや。わやくちゃ」

④北海道民と本州以南の方との会話
道民「どこから来たの?内地から来たのかい?」
本州の方(一瞬の沈黙)「はい。~~から来ました」
道民「汽車に乗って来たの?」
本州の方(再び沈黙)「いえ、飛行機です」
続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

第971回「あなたの住んでいる場所の方言で日記を書いて下さい!」 文章編

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「あなたの住んでいる場所の方言で日記を書いて下さい!」です。今日のテーマは普通に日記を書いていただくことです。ただし、今回は条件がありますお住まいの地域のあたりの方言で日記を書いてみてください!普段何気なく使っている言葉を、文章にしてみると口に出す...
トラックバックテーマ 第971回「あなたの住んでいる場所の方言で日記を書いて下さい!」



住んでいるとこの場所の方言で、
って言うけど、
方言なんてなーんもないべや!
えっ、そんなわけないってかい?

そんなことをするのは、いいふりこきだとか、
はんかくさいとか、
あずましくないなんて言わずに、
方言で日記を書いてみれ。
意外な事実が見つかるかも知れないっしょ。

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

埼玉県立大学の不祥事
私は、一度大学院を満期退学になったことがあり、
その日以来、なかなか大学の教授や助教授をなかなか信じることが出来ずにいる。

このような出来事が私の身に起きたからか、
「埼玉県立大学で教師が懲戒免職になった」というニュースを聞くと、
本来はいけないことなのが、
ついつい「大学の先生にろくな先生は一人もいない」と思ってしまう。

著作権の問題が絡んでくるので、
このblogには、不祥事の内容を記すことができない。
だが、2月24日の新聞にはひょっとすると掲載されているかも知れないので、
自分が購読している新聞をご覧になって欲しい。

テーマ:大学 - ジャンル:学校・教育



プロフィール

Author:MTagri



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも一覧



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。