From Sapporo
一部のジャンルを除いて、ありとあらゆる分野を取り上げます。尚、記事と関係のないコメント及びトラックバックをされた方は、ブラックリスト入りされ、今後一切投稿が出来なくなります。また、初コメントで挨拶のないコメントも削除させて戴きます。悪しからず………。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流氷特急オホーツクの風 日帰りの旅 その2
昨日の続き。
列車は更に進んで美幌駅へ。
美幌駅付近では、1973年から目撃情報がある
屈斜路湖のクッシー騒ぎ
について紹介。
騒ぎから40年近く経った今でも、未確認だとか。

網走駅付近では、以下の3点について紹介。
まずは、あったか網走
私が学生の頃は、能取岬で開催されていたような記憶があるが、
今は網走湖に変わったらしい。
次に、流氷観光船オーロラ号
この観光船は、悪天候だったり、晴れていても波があまりにも静かな時は、
運航停止になることがあるため、運航状況には注意が必要である。
しかも、私が網走で大学生活を送っていた頃は、
あろうことか、流氷観光船が流氷に閉じこめられたこともある。

そして、世界遺産に登録された知床で行われている、
知床オーロラファンタジーの紹介。
昭和33年に実際に知床に現れたオーロラを、
念には念を入れて再現して、お祭りにしたのだとか。
これは私も一度だけ見たことがあるが、スケールが凄いので、
今でも一度は見る価値があるものだと思っている。

そして、網走駅に到着。
私が学生時代に何度も見ていた、電話ボックスはいつの間にか消えていた。
その人形名は商標登録されているため、ここでは記すことが出来ない。
網走に行かれることがある方は、駅の観光案内所で、
何という名前か尋ねてみるというのも一つの手かも知れない。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

流氷特急オホーツクの風 日帰りの旅 その1
札幌-網走間を冬期間だけ
流氷特急オホーツクの風号が
運行している。
(2011年は3月6日まで)

この列車は、いつ運行停止になるか分からないので、
思い切って日帰りで乗車してきた。

2009年及び2010年に乗車したSLニセコ号
と同じように、遠軽のお菓子が販売されている。
また、予約を取れば、遠軽駅の『かにめし』も味わうことが出来る。
更に、今年に限っては、『生田原高原和牛弁当』も予約すれば購入することができる。

まず、丸瀬布駅
私が網走で大学生活を送っていた頃は、
あんなに立派な駅ではなかった。
今は駅舎が生涯学習館となっており、図書室も併設されている。
(車内放送があった順に記すので、駅名は行ったり来たりする)

次に遠軽駅。
ここでは、日本最北のスイッチバック駅。
列車内で販売されている、
『生田原オホーツク牛乳プリン』と、
『ハスカップがレット&焼きフロマージュ』
の説明があった。
続きを読む

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

タコ部屋労働 常紋トンネル編
JR石北本線の生田原駅と金華駅の間に常紋トンネルが存在する。
今では廃止になってしまったが、そこには常紋信号場も実在していた。

この常紋トンネルは、タコ部屋労働で建設されたトンネルとしても有名である。
そして、そのタコ部屋労働はほぼ、全道各地で行われ、
その母体となったのは、囚人を劣悪な環境で働かせた囚人労働である。
囚人労働は、後に禁止されたが
今度は主に本州から北海道にやってきた労働者が、
囚人と同じような、或いはそれ以上の劣悪な環境にさらされた。

この常紋トンネルが何故有名になっているかというと、
労働者として働けなくなった者を生き埋めにし、
後に人柱が発見されたからである。

私は国鉄に勤めていた母方の祖父からは、
残念ながらこのような話は聞いたことがなかった。
だが、難工事であったということだけは耳にしていた。
ちなみに、私が網走に在住していた当時も
常紋トンネルの怪は、大学の講師ですら、誰も知らないようであった。

なお、タコ部屋労働の詳細については、
Wikipediaを見て戴きたい。
続きを読む

テーマ:労働問題 - ジャンル:地域情報

支庁再編スタート 網走編
今日は、網走編。
こちらは、
網走支庁から
オホーツク総合振興局
再編された。

このオホーツク総合振興局の特徴は、
旧上川支庁ほどまではいかないものの、
市町村の管轄がやや広範囲に渡っているというところにある。

庁舎の所在地は網走市にある。
人口密度から考えれば、北見市
庁舎を設置しても良かったのだが、
何故か網走市に庁舎を置いてあり、かつ網走支庁という名称になっていた。

この管轄では、
第1次産業も盛んである。
農業で言えば、北見市のタマネギ、網走市のビート、
水産業で言えば、スケトウダラやホッケ、サケなどが有名である。
また、このオホーツク総合振興局では、
森林面積が広いという点にも特徴がある。
そう、農業、水産業以外に林業も広く行われており、
林業の町と言われる(言われていた)市町村が幾つか存在する。
その例として、遠軽町(のうち、旧丸瀬布町と旧生田原町)や置戸町などが挙げられる。

観光地としては、
北見市 ハッカ記念館
北見市 ピアソン記念館
網走市 網走監獄博物館
網走市 オホーツク流氷館
網走市 北方民族博物館
紋別市 オホーツク流氷科学センターGIZA
紋別市 オホーツクタワー
斜里町 知床
湧別町 上湧別チューリップ公園
滝上町 芝桜
大空町 芝桜(旧東藻琴村のみ)
遠軽町 瞰望岩(がんぼういわ)
遠軽町 丸瀬布森林公園いこいの森
などがある。

詳細は、
オホーツク総合振興局

テーマ:北海道/道東 - ジャンル:地域情報



プロフィール

Author:MTagri



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも一覧



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。